中学生・英単語への取り組み

ブリッジでは6月より、中学生の英語について「完全取得学習法」をベースとした 「学年関係なくレベルによるクラス分け」 に取り組んでいます。

そして7月より、単語について 「120の項目に分けての単語テスト方式」 をスタートしました。

英語の学習についてよく耳にするのが「単語が覚えられない」「語彙力が弱い」という言葉です。

つまり「覚えている単語数が少ない」ということですが、その問題を解決するためにまず押さえないといけないのは

  1. そもそも中学生が身につける単語がいくつあるのか
  2. そして自分が今、いくつ身につけているのか

です。

これさえわかれば、あとは「まだ身についていない単語」にのみ注力して、目標を決め、時間を取り、反復することで解決できます。

また「単語を覚える意欲がわかない」ことの原因の1つに全体像が漠然としていて、ゴール(目標)が見えづらいということがあげられます。

そこで、ブリッジでは中学生がマスターすべき英単語を下記の通りピックアップしました。

これら1300個の単語を1~20の項目に分け「8割合格で次のステップへ挑戦可能」とし、テストのタイミング(いつ受けるか)や達成期日(いつまでにどこまで覚えるか)は生徒に一任することにしました。

この他にも、冠詞、前置詞、助動詞、接続詞などありますが、それは「文法」の中で触れていき、習得していきたいと思っています。

勉強に限らずスポーツやその他のあらゆることで言えることですが 「やる気は自分でしか起こせない」 と考えています。

本人が 「やるぞ!覚えるぞ!目標を達成するぞ!」 と考えない限り、飛躍的な成長は望めません。

そのためには

  • 全体像が明確にわかること
  • 自分がどこにいて、目指すゴールがどこか、具体的にわかること
  • 達成の基準と期日が設定しやすいこと
  • 頑張れば乗り越えられそうな小さなゴールを繰り返すこと

などなどの工夫が必要です。

今回のこの取り組みでは、学年関係なく「全員が1300個の単語」に向かうわけですが、ぜひ他人との比較ではなく、過去の自分との比較でモチベートして取り組んでもらいたいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

完全習得学習への挑戦