背水の陣

この4月から、中学生について「これまでと全く異なる方式」で塾を運営し、来週、いよいよ最初の「昇格テスト」を行います。

何がこれまでと違うかというと

  • 英語を内容で仕分けして「1講座=8回」として開催
  • 1〜7回で文法と単語を学び8回目でテストを実施
  • 一定基準に達すれば次の講座に昇格
  • 達しない場合は、同じ講座を再受講してもらう

という、まるで大学の「留年制度」のような形になっています。

普段の定期考査や、◯◯テストでは、点数が悪いからといって、特段何かが起こるわけではありません。

ところが今回のこのテストは、その後の講座がどれになるか(もう一度学び直すか、次の進めるか)がかかっています。

つまり「背水の陣でテストに向かう」という、中学生ではなかなか経験できない状況になっています。


かなり前の記事「完全習得学習への挑戦」でも触れましたが

  • 時間が経過すれば次に進める、のではなく、理解できたら次に進める
  • 苦手な子でも得意な子でも「理解できたら次に進む」
  • 単語については「努力・反復」だが、その結果責任は自分で負う
  • 期限があり、有限な範囲の内容を、やりきる力を持ってもらう
  • 仮にクリアできなかったとしても、何度でも再チャレンジできる

ということを考え、今回の取り組みに至りました。

そしてその第1回の「昇格テスト」がいよいよ来週に迫ってきましたので、今週末、当塾では「その昇格テストのための補講・模試を実施」する予定です。
(自塾のテスト対策を自塾でするという、、、)

朝も7時から解放し、土日も「希望者のみ参加無料」の講座を実施、本人にその気があれば(合格したいという)とことん付き合う予定です。


余談になりますが、石井は

  • 大学を3年留年(1,2,2,2,3,3,4年生)した
  • 仲間が大手に就職する中、就職せずに(できずに?)ローソンのアルバイトを続けた
  • 法律の試験も志半で挫折した
  • 保険会社で全く売れない営業マンで家族に迷惑ばかりかけた

と、失敗と挫折、落大だらけの人生を過ごしていますが、そのおかげで今があるとも言えます。

なので「取り組む努力は必要、だけども結果は万事塞翁が馬、きっと意味がある」と考えて、また次の挑戦へ向かって欲しいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください