点はつながると信じること

ネット上(Youtubeなど)でも有名な 「スティーブジョブズのスタンフォード大学でのスピーチ」 の中に、自分の人生を変えた言葉があります。

先を見通して点をつなぐことはできない。
点は振り返ってつなぐことしかできない。
だから将来何らかの形で点がつながると信じなければならない。
何かを信じなければならない。

you can’t connect the dots looking forward.
you can only connect them looking backwards.
So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
You have to trust in something

以前、第一志望、第二次志望の大学に落ち、第三次志望の大学に進学することになった生徒にこうメッセージしたことがあります。

行った先で新しい友だちができたら、その友達とは 「あの時、受験に失敗したから出会えた」 ということになる。
もしかしたら生涯の伴侶と出会うかもしれないし、一生を左右する 「ひらめき」 がそこで生まれるかもしれない。
その時 「あの時、受験に失敗したから今がある」 と思えるはず。
だから 「どこに行くか」 よりも 「行った先でどうするか」 を考えよう!
「きっと素晴らしい人生になる!」 と信じて、志高く進学しよう!

それから何ヶ月か経って、その生徒さんが帰省の際 「大学生活は大変だけど、本当に楽しい!」 と報告してくれたことが本当に嬉しかったのを覚えています。

今、進路を決めかねている中学生や、推薦に落ちて不安な日々を過ごしている高校生がいるかもしれません。
そんな彼らに声を大にして伝えたい事は

点は必ずつながる
どんな進路に進むことになったにせよ、それは人生を左右しない

大事なのは「行った先でどうするか?」であり、きっとうまくいくと信じて進もう!

ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

布団の中でこう思えたら

次の記事

推薦入試の合格発表