するように育つの真意

先日の記事 「言うようにではなく、するように育つ」 について、ある親御さん(お母さん)から、こんな意見(質問)をもらいました

なるほど、だったら私も子供が勉強するために、自分が勉強する姿を見せなければですね
子供が勉強するために、まずは私が勉強します。

という内容でした。
ですが、この場合、親御さんは 「他の誰かが勉強するために、自分が勉強する(姿を見せる)」 となりますので、そのまま子供さんが「するように育つ」ことになります。

つまり、子供さんも 「他の誰かが勉強するために、自分が勉強する(姿を見せる)」 ようになるということです。

これは親御さんの 「求めている姿ではない」 ではないでしょうか?

おそらく親御さんが最も望むのは 「自分自身の目標のために(誰かに姿を見せるためではなく)自分が成長するために勉強する」 になること。

つまりそのためには、親御さん自身が 「自分自身の目標のために(誰かに姿を見せるためではなく)自分が成長するために勉強する」 ことに挑戦しなければならないということになります。

子供のためにではなく 「自分の夢や目標のために勉強する」 と、子供さんも 「自分の夢や目標のために勉強するようになる」 のではないかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

目標が持つ力