10年後に伝わる話

塾では、勉強以外のいろんな話をするようにしています。

  • 仕事や職業のこと
  • 働き方やライフスタイルのこと
  • お金のこと
  • 健康のこと
  • 価値観や優先順位のこと
  • 生きがいややりがいのこと
  • 結婚や恋のこと
  • 地域や社会のこと
  • 失敗やチャレンジのこと
  • 世の中の仕組みのこと

などなど、さまざまな話をできたらと思っていますが、同時に心のなかで 「この話が本当に伝わるのは10年後かもしれない」 とも思っています。

なぜなら、学生である彼ら(彼女ら)にしてみると、あくまでも 「想像の世界の話」 であり、仕事やお金の話などは 「リアリティに欠ける」 からです。

でももし10年後(もしかしたらそれ以上先)に 「あの時、先生が言っていたのはこのことか!」 と思い返してくれて、それが何かの役に立てばと思って、話をするようにしています。

社会人になって、実際に壁にぶち当たって、自分の葛藤と向き合って、試行錯誤の中でもがいて、悩んで悩んで悩みまくって、失敗して大粒の涙を流した時に 「ふと思い出してくれる」 ことを願って、話をするようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください