自分のことを知ろうとすること

先日、進路に悩む高校3年生にこんな質問をしてみました。

  • 自分が好きなことは何か?
  • 一番ワクワクする事は何か?
  • 興味があって、好奇心が湧くことは何か?
  • それをする時は時間も忘れるほど没頭できることは何か?
  • 誰かに反対されても、それでもしたいことは何か?
  • それを仕事にできたら最高だなと思うことは何か?

つまり、自分自身の興味について、関心について聞いてみたのですが、

  • 何だろう?
  • 考えたことがない?
  • 思いつかない

という答えが返ってきました。

やりたいことが見つからない

ということは良くあることで

「これだ!」 と見つかる人のほうが少ないのかもしれません。
見つかるまでには多くの失敗や、気付き、出会い、経験が必要かもしれません。
15才で見つかる人、80才で見つかる人、見つかったと思ったら途中で心変わりする人、いろんな人がいるでしょう。
なので 「見つかっていない」 ことについては、ある意味しょうがないのかもしれません。

ですが「見つけようとしていない」のはとても勿体無いと思います。

ということで、今月の目標設定用紙に新しい項目 「私が最も興味があること」 を追加しました。
もちろん 「すぐには書けない」 かもしれませんし 「目の前の小さな欲求を書いて終わり」 になるかもしれません。
しかし、まずは 「自分に問いかけてみること」 そこから全てが始まると思っていて、毎月一度は 「自分は何がしたい?」 と考える機会が増えるだけでも、何かが変わり始めると信じています。
20160203

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください