勉強に対するイメージ

「勉強」 という言葉を聞いて、何をイメージするか、これはとても重要です。
もし勉強と聞いて、、、

  • 面白くない
  • 楽しくない
  • めんどくさい
  • 得意じゃない
  • 難しい

などのキーワードが浮かんでくるとしたら、それは 「ブレーキをかけながら走っている」 様なものだと思います。
なので、やってもやっても成果が現れず、それがまた負のイメージを産むというスパイラルに陥りかねません。
ところがもし勉強と聞いて

  • ワクワクする
  • 楽しそう
  • チャレンジしたい
  • 自分を試してみたい
  • 興味津々

などのキーワードが浮かんでくるとしたら、オートマチックに 「勉強が得意な子」 になっていくのではと思っています。

これは大人にも言えることで、仕事、結婚、貯金、起業、ダイエット、夢、などの言葉に対してどんなイメージを持っているか、それがその人の生き方を決定づけているような気がします。

なので、塾として子供たちに一番伝えたいメッセージは 「勉強は楽しいよ」 ということです。
最初はそう思えなくても、ずっと言い続けていたら、そんな大人が近くにいたら、いつか 「勉強ってたのしいかも、、」 と思い始める可能性が多少は出てくるのではないでしょうか。

そのためにも、まず自分自身が 「仕事も勉強も楽しむ」 ことに取り組みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

力を出せる力