アマゾンがレジに並ばない店舗をスタート

アマゾンが、レジに並ぶ必要がない新システムを開発し、来年一般向けにオープンするシアトルの店舗「アマゾン・ゴー」で試験的に導入するというニュースを目にしました。

どんな仕組みか簡単に説明すると

  1. 店舗に入る際にスマホをかざして入店
  2. 棚から商品をとると仮想ショッピングカートにその商品が入り
  3. お店からでると「購入」扱いになり清算(角決済や引き落とし、電子マネーなど)

まだまだ試験的ですが、今後技術が改善されて広まると「買い物」の概念がまったく違うものになるかもしれません。
その昔、ソロバンと紙で記録してたころは、まさか機械(レジ)が自動で計算してくれなんて夢のまた夢でした。
そしてレジに打ち込みしていたころは、バーコードであらゆる情報が管理できるなんて夢のまた夢でした。
その後もカード決済、ICカード、電子マネー、お財布携帯、、、、

数年まえは「ありえない」と思われていたことがどんどん実用化して生活に馴染んでいます。

そう考えると、このアマゾンの仕組みは数年後の当たり前かもしれませんし、もっと斬新で便利な方法が実用化されているかもしれません。
改めてすごい時代に生きているなと思うとともに、これからの時代の 「生活や仕事、働き方」 はこれまでとは比較にならないくらい変化していくのだろうと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください