目から鱗だった「成功の定義」

30才くらいだったと記憶していますが、人生の師匠とも呼べる方から次のような考え方を学びました。

成功とは、場所ではなく姿である。

わかりやすく例えるとすると、Aさんが年収3000万円、Bさんが年収300万円だとして、一般的には 「Aさんの方が成功している」 となるかと思います。

それは 「成功を場所(何を成し遂げたか、どこにいるか)で捉える」 考え方です。

もし仮にAさんが 「今、とくに夢も目標もなく、日々を漫然と過ごしている」 とし、Bさんが 「大志に燃え、目標に向かって1日1日を真剣に過ごしている」 とすると 「Bさんの方が成功している」 と考えるのが 「成功を姿(今何をしているか、成長しているか)で捉える」 考え方です。

つまり、今その人が 「どこにいて、何を持っていて、何を成し遂げたか」 ではなく 「どこに向かっているか、どう進んでいるか、成長しているか」 で 「成功」 という言葉を考えようということです。

ちょっと難しい話かもしれませんが、30才でこの考え方に出会えた自分はとても幸せだと感じています。
高校3年生ですでに 「大学入試に合格した人」 は、前者の見方で言えば 「成功した」 のかもしれません。
ですが、もし新たな目標に向かって走っていないのであれば 「この前までは成功していた人」 になってしまいます。

現在、塾生の中には 「合格した後の方が勉強に燃えている生徒」 がいて、彼らの姿を見るたびに嬉しくなる今日このごろです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

推薦入試の合格発表

次の記事

実は毎日の方が楽