点はつながったのかも

アップルコンピューターを創業した故スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学でのスピーチはとても有名で、このブログでも過去に取り上げたことがあります。

その中で「点はつながる、それを信じること」という話がでてくるのですが、最近「本当につながったなぁ」と感じることが多々あります。

7年前から小学生サッカーチームのコーチをしており、3年前より事務関連を全て引つぐことになりました。

それに伴い、新入部員の勧誘をしたいと考えて「小学校や幼稚園に配布するチラシ」を作成することにしたのですが、このチラシを作る技術(と呼べるかわかりませんが)は、大学で学んだものではありません。

大学時代のサークルで、イベントを行うときに作るフライヤー(チラシ)を試行錯誤で作ったのが最初です。
それから誰に習うわけでなく、見よう見まねでコンピューターとにらめっこしていたら色々作れる様になったわけですが、それが20年経った今、少年サッカーのチラシ作りに役立つとは当時は全く思いもしなかったはずです。

また、このようなホームページを作れる様になったのも「ど貧乏の時に、そんな自分を案じて無料で髪を切ってくれた床屋さんの恩返しのために独学で学んだ知識」です(笑)

そのサークルは大学生活が長引いた(3年留年した)原因の1つなのですが、あの時、培ったチラシ作りやホームページ作りのノウハウが、今の自分を支えてくれているのは本当に凄いことだなと感じます。
※ 支えると言っても、素人に毛が生えたレベルですが、、、

他にも、10年働いて本気で日本一を目指したローソン時代、全く売れなかった外資系保険営業の経験や、特許を巡って名物社長と悪戦苦闘の日々、、、
これらの「点」がつながって今があるのだと思うと、挫折だらけの人生に感謝しかありません(笑)
これから先は、それらのつながった点をどう世の中の役に立てていくかを考える時期ですので、より多くの人にアイデアを伝えられる仕組みを作っていきたいなと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください